小ロットでも業者に頼めるDM発送代行

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから

こんにちは。格安DM発送代行「DM診断」です。

DMの印刷は部数が多くなるほど1枚あたりの単価は安くなります。そのため、ある程度まとまった部数を発注した方がお得です。

しかし、お得になるからといって刷りすぎてしまうとロスが発生してしまいますので注意が必要です。

DMの印刷業者の中には、100枚単位の少部数から印刷を受け付けているところもたくさんあります。

こうした業者を利用することで、無駄なくDM印刷を発注できます。少部数印刷を行っている業者は顧客のニーズに合わせた価格設定をしていますので、極端に割高になる心配はありません。

用紙のサイズや三つ折り・圧着といった加工によって価格は変わってきますが、スタンダードなものでしたら100部で1万円以下というものも多いです。オンデマンド印刷という、プリンターから出力する方法が用いられていることがほとんどですから、印刷用のデータが必要になります。

印刷用のデータはグラフィック制作ソフトで作成します。対応しているファイル形式が決まっているため、こうしたソフトでの作成は必須です。こうしたソフトを使ったデータ作成が難しい場合、オプションでデザイナーにデータ作成をしてもらえる会社もありますが、そうしたオプションが用意されていないのでしたらデザインとデータ作成だけ別の会社やデザイナーに外注する方法もあります。

DMのデザインを工夫する

どれだけたくさんDMを送ったとしても、DMを送った分だけお客様が増えるわけではありません。

コストをかけて送るからには、効果的なデザインで意味のあるDMを送りたいですよね。

DM作成業者は様々な料金を設定してあります。どの部分に力を入れるか、どの部分の料金を抑えて安く済ませるかなど、好みのデザインに仕上げることができます。

DMの難しいところは、こちらのサービスを押し付けてはいけないことです。DMは販売している者が何かを知らせ、売上を上げることが目的です。しかし、こちらが押し付けてしまうと営業感が出てしまい、不必要と判断しかねられません。

今は必要なくても、受け取り手の印象に残れば、必要時に思い出してもらえる確率が上がります。

心に残る印象深いデザインに仕上げるためには、やはり業者に依頼するのが一番です。業者はそれまでの経験や実績で、どういった物が効果的なのかを把握しています。

せっかくコストをかけるのですから、上手に業者を利用して、売り上げに直結させましょう。

ハガキを大量に送るとき、裏面はまとめて印刷できますが、表の宛名をいちいち書いているのは手がつかれてしまいます。

そんなとき、便利に使えるのが宛名のラベルです。シール式になっているラベルに印刷すれば、ラベルを貼るだけで宛先を書く手間がなくなるのです。

PCがなかったころは、宛名を手書きする必要がありましたが、今は本当に便利な時代になりました。ハガキを送ることもなかなか機会がなくなってしまいましたが、それでも書かなければならない場合、少しでも楽に送りたいと思ってしまうのが現代人です。

ラベルに関しても、ラベルの製作会社によって、幅など細かい設定がありますが、多くの場合、ラベルの包装紙に推奨されているアプリケーションが書いてあるので、それに従って作成すると簡単に作成できます。

数枚ではがんばって手書きしようと思っても、数百枚以上になるとうんざりしてきて、余計にハガキと距離ができえてしまいそうです。少しでもハガキを出すことに楽しさを見出して、ハガキとうまくつきあっていくことがたいせつです。

年賀ハガキのデザインも考える必要がない

ネットプリントサービスを利用すると、面倒な年賀ハガキのデザインを考える必要もなくなります。

ネットプリントサービスでは、あらかじめプロがデザインした年賀状をベースに選ぶことができます。そこに自分なりの文章を書き込むため、手間がかかりません。

デザインは数百種類の中から選ぶことができます。自分でデザインをしたデータで印刷することも可能です。ネットプリントは一枚からでも可能という業者が多いので、年賀状以外でも利用できます。料金も安いので、普段のハガキをすべてこれで処理することもできます。

企業が得意先や取引先にハガキを送ったり、顧客にダイレクトメールを送る場合、送り先は膨大な量になってしまいます。この場合、宛名を手書きすると人件費などの労力がかかってしまう上、見た目にもばらつきが出てしまい、見栄えが悪くなるという問題も発生します。そのような場合発送業者に依頼をして発送コストを下げるという方法があります。

発送業者による発行までの流れは次のようになっています。まず、ハガキの宛名作成を発送業者に依頼し、印刷するデータや宛名のデータを送ります。送った後代金を支払うと発送業者ははがきの印刷及び発送を行います。発送までの日数はおおよそ一週間以内となっており、取引先や顧客の手元に早い日数で届けることが出来ます。

発送業者に依頼する場合、印刷から宛名作成までの労力を抑えることが出来るだけでなく、大量のはがきの発送以来をする場合、1枚あたりの単価が安くなる発送業者もあります。そのため、人件費の面だけでなく、消耗品や通信費のコストも同時に下げることが可能です。

インターネット上には発送業者のサイトが複数あり、各業者によってハガキの発送費用や発送できる種類は異なります。そのため、どのような内容のハガキを送るか考えて依頼する業者を選ぶことが大切です。

オリジナルのハガキを作成する

会社の業務内容を紹介・宣伝しようと思ったときに、DMを送る方法があります。その際に送るオリジナルのハガキを作ることができます。

作成方法は簡単で、オリジナルのハガキを作ってくれる業者のホームページを見ます。そこにハガキ作成用のソフトや、フォームがあるので、それを使ってデザインします。簡単な操作で文字を入れたり、写真を入れたりすることができます。文字や写真の大きさは希望通りのサイズにすることができますし、色も選ぶことができます。そのようにして完成したデザインをオンラインで業者に送信します。すると、そのデータをもとにして、印刷を行ってくれます。自分で印刷をすると時間もかかりますし、インクの交換の手間などもかかりますが、業者に依頼すればそのような手間を省くことができます。また、仕上がりも美しいため宣伝効果も上がります。

パソコンの操作が苦手だったり、デザインも専門家に依頼したい場合には、デザインも作ってくれる業者に依頼することもできます。その際には、デザイン料が発生します。

ハガキ作成にかかる費用は、業者によって異なるので、いくつかの業者を比較すると良いです。また、写真を入れず、文字や絵だけなら料金が安くなる場合もあるので、予算に応じて検討すると良いです。依頼する枚数に応じて割引サービスが受けられることもあります。”

“DMのデザインは宣伝効果を左右する重要なポイントです。平凡なデザインは読まれることなく放置される原因となるので、目を引くデザインを考案する必要があります。

個性的なデザインを提供するデザイン会社は数多くあります。デザインと印刷を別の会社に依頼するとトラブルが発生しやすくなるといわれています。最悪の場合印刷費が丸々無駄になる可能性もあるので、トラブルを起こさないよう気をつけましょう。

デザイン会社と印刷会社を別々に利用した場合特に起こりやすいのが入稿時のトラブルです。入稿時に印刷会社のルールに沿った形でデータが作られていなかったり、依頼とは全く関係ないデータが含まれていたりすると予期せぬ形で印刷される事があったりすることもあるので入稿時はデータのサイズなどに極力気を配る必要があります。最近はデータ入稿が増えてきたためデータを確認することなく送って失敗するというパターンが増えてきたらしいので、多く印刷する時などはしつこいくらいにデータを確認して、少しでも失敗の可能性を減らしたいという方は印刷会社に直接出向いて入稿し、最終チェックを行ったほうが良いでしょう。”

“チラシや電子メールなど様々な形で配信されている広告の中でも比較的低コストで多くの宣伝効果を得る事が出来る広告として知られているDMは、現在も多くの企業が採用し、多くの顧客を獲得しているそうです。そんなDMはデザインの出来で宣伝効果が大きく変わることでも知られており、DMを見てから3秒間は視線を集める事が出来るくらいインパクトのあるデザインが望ましいといわれています。そんなデザインを用意するにはまずデザインについてある程度の知識が必要になってくるので、DMを製作する際はDMのデザインについて勉強してみましょう。

DMのデザインに関しての情報は色々な方法で入手する事が出来ますが、やはりプロの編集者の手によって作られた書籍は必要な情報が詳しく掲載されているため勉強には持ってこいです。今までに作られた様々なDMが掲載されているのはもちろんそれらがどのようにして商品を売り出すためのアピールをしているのか等徹底的に分析されているのでこれから先どのようなデザインのDMを製作すればいいのかの指針となってくれることでしょう。こうしたDMに関する書籍は非常に多くの種類があるのでまずは何冊か手に取ってみてどんな情報が掲載されているのかチェックしてみてください。

“チラシのは多くの企業が商品の宣伝などに用いている広告の一つですが、宣伝費を十分に確保する事が出来ない起業した手の企業や経営が厳しい企業にとってはチラシ一つ印刷するだけでもかなりの負担が掛かります。特にデザイン費などが削れるのが大きいといいますが、デザイン費に関してはデザイン会社を介さず全て自分でデザインすることでデザイン会社への依頼に掛かる料金をすべてカットする事が出来るので、宣伝費をカットしたいという方は是非自作のチラシ作りに挑戦してみてください。チラシの自作といわれても何をすれば良いのか分からないという方も手軽に挑戦する事が出来るのでまずは必要なものを集めてチャレンジしてみましょう。

チラシの自作について学ぶには色々な方法があります。チラシに自作に関係するようなデザインに関する書籍は数多く売られていますし、ネット上でもチラシの製作法に関してレクチャーしているサイトが数多くありますし、より手軽にチラシの作成に臨む事が出来るようなソフトウェアを公開している人もいたりとチラシの自作はそれほど高いハードルがあるわけではありません。今までチラシの製作をデザイン会社任せにしていたという方は規模の小さいチラシに関しては自作してみてはいかがでしょうか。

“DMはデザインが非常に重要な広告です。まず3秒間は見てもらわないと、ごみとして捨てられる可能性が飛躍的に上昇するといわれています。そのため、まず3秒間を確保するために長く注目を集める事が出来るようなデザインを用意しなければなりません。そういったデザインを用意したいときの心強い味方がプロのデザイナーで、特にフリーランスで活動しているデザイナーが手がけるデザインは非常に個性が強いので、ここ一番のインパクトを与えたいときにはぴったりです。ただしその場合印刷会社はまた別途で探さなければならないのでその点は注意が必要です。

印刷会社とデザイナーが無関係の場合は入稿の際にトラブルが発生しがちです。ファイルのサイズを間違えたり印刷のずれが発生したりと色々なトラブルを起こしやすいので、デザイナーにデザインを依頼するときは利用する予定の印刷会社のレギュレーションを把握した上でそれに収まるようにデザインを依頼するようにするなどこちら側でお互いの架け橋となることで入稿時のトラブルを最小限に食い止める事が出来るでしょう。何かと手間は掛かりますが苦労した分良いデザインのDMが出来上がるはずなので期待して出来上がりを待ちましょう。

“チラシのデザインは商品を際立たせる為に非常に大切な役割を果たしています。しっかりとしたデザインのチラシであって、商品紹介やそういった事のまとまりの良いチラシに載っている商品は目に留まる事が多いのではないでしょうか。つまり逆に考えると、デザイン全般があまりまとまっていないチラシの商品は目に留まらずに終わってしまう事になります。そしてどれだけデザインがしっかりしていても商品にあっているデザインであった方が良いという事もありますね。

極端なたとえではスーパーの食品の様なチラシで不動産の物件が紹介されていても不釣り合いであるという事ですね。その商品にあったレイアウトやデザインでチラシを構成していく事が必要になります。それらに関するノウハウはインターネットや書籍で詳しく調べる事が出来ますし、過去のチラシや雑誌を参考にして研究してみるのも良いでしょう。意外とこういったことなのかと発見が出来る事もあるでしょう。商品や行事の宣伝においてデザインと事柄の釣り合いや相性をしっかりと考える事はチラシ作りにおいて大切なことになります。是非、チラシ作りに興味がある方は詳しく調べて機会があれば利用してみてはいかがでしょう。”
“DMは多くの企業が採用している広告で、印刷会社もそういった顧客を一人でも多く確保するために様々なサービスを展開しています。その一つが全ての作業を印刷会社で行うというもので、デザインから発送にいたるまで全て印刷会社で行なう事が出来ることから一度の手続きで全ての作業を任せる事が出来ると多くの企業が利用しています。確かにその利便性の高さはデザインと印刷を別企業に依頼するよりもはるかに優れていますが、果たしてDMのデザインと印刷は同じ企業に任せるべきなのでしょうか。

DMのデザインと印刷を別々にすることはムダに手間を増やすだけというわけではもちろんありません。というのも印刷会社のデザイナーは印刷の効率のほうを重視してデザインを考える傾向が強く、出来上がるものはそれほど個性を感じさせないものが多いといいます。それに引き換え専門のスタッフを数多く擁しているデザイン会社では他のDMには無い個性的なデザインを提供してくれるので、より多くの人に見てもらう事が出来るDMを製作する事が出来ます。その分コストがかさんだり納期を長く取る必要があるなどのデメリットはありますが、その分多くの顧客を集める事が出来るかもしれません。

データ入稿に気を付ける

DMで高い宣伝効果を出すには優れたデザインが必要です。一目でも見てもらわないと捨てられることが多いので、目を引くデザインを作るために多くの企業はデザイン会社にデザインを依頼します。

しかし、デザイン会社が作成したデータを印刷会社に送る際にトラブルが起きやすいので注意しましょう。印刷会社とトラブルが起きやすいのが入稿時です。デザインのデータをオンラインで入稿する際に、ファイルサイズを間違えていたり、別のファイルを誤って送らないように気を付けましょう。

こうしたトラブルを防ぎたい方は、デザインから印刷まで請け負う印刷会社に依頼するのも一つの手段です。

“広告には様々な種類がありますが、中でもDMは様々な場面で利用できる上宣伝効果も高いといわれています。とはいってもその効果はあくまで入念な準備を重ねた上で準備したデザインのDMを使用した時に表れるもので、適当な仕事の元作ったDMでは大きな宣伝効果を上げることは出来ないでしょう。そんな宣伝効果が低いデザインというのは色々な点で問題が表れていると思われるので、今準備しているDMのデザインにそういった問題があると感じる場合はすぐに改善案を用意するようにしましょう。

DMのデザインは様々な要素が重なって大きな効果を生み出します。一見して誰もが注目するような派手なデザインにしても、宣伝したい情報が伝わらなければ意味がありません。

アピールポイントをよく伝えられるバランスを考えることが大切です。フォントサイズを細かく変更することで伝えたいところを強く強調するなど文章に多少手を加えるだけでも効果は高いです。DMのデザインのポイントを解説する書籍も多くあるので、書籍を元に良いデザインを考えてみましょう。

“広告にはDMやチラシ、電子メールにTVCMなどさまざまな種類がありますが、どれも共通して言えることは多くの人に商品を買ってもらったり店に足を運んでもらう事が大切です。特にDMは以前商品を購入するなどして店を利用してもらった顧客の呼び戻しに対して非常に高い効果を発揮してくれる広告として知られているのですが、より確実に顧客を呼び戻すには多くの人が目を向けてくれるようなデザインを考案する必要があります。とはいってもそんなデザインが一朝一夕で思い浮かぶわけではないのでまずはどんなDMが高い宣伝効果を発揮してくれるのか下調べから始めてみましょう。

泉での効果の高いDMについて調べるのであればやはりネットなどを利用するのが一番簡単です。最近は大抵の情報はネットを利用することで手に入れる事が出来、DMの広告デザインに対しても過去に行われたDMのデザインに関連した賞の優秀作品を目にする事が出来たり、コンサルタント会社が書いたDMのデザインに関してのコラムなども公開されているので、それらを読むだけでも何も知らない状態よりは良いデザインのアイディアが思い浮かびそうです。こうした下調べを行うだけで良いものを作れる可能性は高まるのでまずはDMのデザインについてしっかり学んでみてください。

“広告には色々な種類がありますが、DMは工夫次第で非常に多くの顧客を集める事が出来るとされています。しかしDMは3秒間目を通してもらわなければ広告としての機能を発揮することも無いままごみになってしまうといわれているくらいデザインが重要になってくる作品とされています。そんなデザインを考案するには知識も必要になってくるので、DMを配布する予定の方は一度自分に届くDMなどを見てどんなデザインが評価されるのか考えてみましょう。

DMは一目見たインパクトが非常に重要といわれており、実際デザインの成功事例として紹介されているDMは遠めに見ても多くの方の注目を集めるようなデザインになっており、実際に手に取ってみてみようという気にさせてくれます。逆にそれほど評価されていないDMのほとんどは地味な見た目をしており、文章のレイアウトもテンプレートをそのまま利用しているような代わり映えしないものがほとんどです。そういったDMが届いた時は一体どのDMのどこが悪くてどこが良いのかを一つ一つ突き詰めていくことでDMのデザインに必要なものが見えてくるはずです。より良いデザインのDMを製作するためにも多くのことを学んでみてください。

“数ある広告の中でもDMは過去に商品を買った事がある人などに向けて発信するのに向いているといわれており、現在も多くの企業が顧客を日々戻すためにDMを配布しています。そんなDMはデザインの中身が非常に重要といわれており、DMを手にとって読んでもらい、再び商品を買いたくなるような魅力溢れるデザインを用意する事が出来るかどうかで宣伝効果は大きく変わってくるといいます。そんなDMのデザインをデザイン会社に発注する時にもインターネットは非常に役立ち、誰もが手軽にDMのデザインを発注する事が出来ます。

インターネットの普及に伴い多くの企業が公式サイトをオープンさせましたがデザイン会社もその例に漏れず公式サイトをオープンさせています。そのおかげで自宅にいながら料金設定や過去の仕事のサンプルなどを確認して発注する会社を選ぶ事が出来るようになりましたし、注文手続きから打ち合わせに至るまでネットを介して行なう事が出来るようになりました。便利になった反面実際に顔を合わせての打ち合わせを行わなくなったことで伝え痛い事が十分に伝わりきらないなどのトラブルが起きることも増えたので出来れば最低でも一回は実際に顔を合わせて打ち合わせを行ってくれるデザイン会社を選んだほうが良いでしょう。

“DMによる商品などの宣伝は多くの方が実践しており、比較的低コストで導入できる上効果もそれなりの高さが期待できます。しかしどんなDMを配布しても利益を得る事が出来るのかといえばそういうわけでもなく、ちゃんと多くの人を惹きつける事が出来るようなデザインを考える必要があります。そんなDMのデザインを考える際気をつけておきたい点も多くあるので、これからDMによる宣伝を計画している方は時に気をつけてデザインを感ゲル用にしましょう。

DMのデザインでは、多くの人に注目されるデザインを考えることが大切です。代わり映えの無いデザインでは目を通してもらえないことも多いので、できる限りデザインには気を配るようにしたいところです。更に宣伝したいものについて伝える文章も読みやすさを考慮してレイアウトを調整したり文字サイズを変えたりして注目してもらいたいところでちゃんと注目してもらう事が出来るようにしたりなど気を使うべきところはたくさんあるので、DM製作時は気になるところが少しでも見つかったら一切違和感を感じさせないように改善させていきましょう。

“DMによる広告は比較的安く導入する事が出来る上宣伝効果も比較的高いといわれているので、現在も多くの企業が採用しています。これから新規に事業を行うという方からも人気が高く、現在もDMの製作に関係する業務を請け負う企業はたくさんあります。特にデザイン関連の業務を行っているところは多く、フリーランスのイラストレーターからたくさんのイラストレーターを抱えているイラスト会社まで様々な人がDMのデザインの仕事を求めているそうです。出来れば料金を抑えつつデザインを以来したいという方はどうすれば良いのでしょうか。

DMのデザインに掛かる料金の平均相場はおよそ3万円ほどといわれています。やはり平均よりも高い料金設定の企業のほうが良いデザインを用意してくれる可能性が高いのですが、料金が安いところでも個性的なデザインを用意してくれるところは数は少ないながらも存在します。フリーランスのイラストレーターは企業よりも低めの値段設定にしている人が多く、デザイン自体も良いものが揃っている事が多いので、客層や企業のタイプがイラストレーターの画風にマッチしている場合は下手なイラスト会社に依頼するよりも安くて良いイラストを用意する事が出来るかもしれません。

“広告の発信方法は数多くありますが、古くから利用されているのがDMと呼ばれる広告発信の方法です。不特定多数の見込み客にはがきなどに送ることで一人でも多くの方に広告を確認してもらう事が出来るため、ネットなどが普及した現在においても多くの企業がDMを利用した広告を発信して一人でも多くの方に販売したい商品などについて知ってもらう事が出来ます。この時DMの中身が人の興味を引かないものだと全く意味がありませんが、丁寧に作られた個性溢れるデザインを持つDMは普通のDMよりもはるかの普及するといわれています。

DMのデザインの相場は約3万円です。どの企業に依頼したら良いのか分からないという方はまず平均相場を基準にしてデザイン会社を探しましょう。DM製作が初めての場合はデザイン会社のHPから情報収集できます。デザイン選びは大変ですがより良い物を作りたいと考えている方は他のコストを削ってでもより良いデザイン会社を選びましょう。”

“DMは昔からある宣伝方法で、様々な広告の発信法が生まれた現在でも多くの企業が利用しています。誰でも一度はDMを見た事があるかと思いますが、じっくり見てみると少しでも多くの人に注目され、中身についても詳しくチェックしたくなるようなデザインになっているなど他の郵便物に巻き込まれずに目を通してもらうための工夫が施されています。DMを製作する際はこうしたデザインを提供してくれるデザイン会社やイラストレーターの力が必要不可欠なのですが、そんなDMのデザイン料は一体どの位の額になるのでしょうか。

DMのデザイン料は物にもよりますが基本的にはそれほど高すぎるものというほどでもありません。現在の平均相場がおよそ3万円といわれているのでそれよりも安いところもたくさんあります。その代わり安すぎるところはテンプレートを利用するようになっていたりサンプルなどの情報が実際のものと異なる事があったりなど物によってはひどい結果を生むこともあるのでそうならないように可能な限りデザインを提供している会社について調べておくようにしましょう。多少高いデザイン料でもより良いクオリティーを提供してくれる時はより高い宣伝効果を生み出してくれるかもしれません。

“個人の商店を営む人の中には自分の店の広告を編集して印刷会社に印刷してもらっている人が大勢います。

そのような広告は、長年の経験に基づき注目してほしい商品情報が目立つよう工夫しているものもあれば、今までのフォーマットを元になんとなく製作されているものもあったりと様々です。

チラシのデザインを学ぶと店の売上は上がります。では、チラシのデザインはどう学べばよいでしょうか。

企業やお店で、新規の顧客を呼び込む手段としてdmがあります。自宅のポストに投函されているdmをみて、商品やお店に興味を持った方も沢山いると思います。その興味がお店に足を運ぶ意欲になり、購買意欲にもつながります。

dmはなるべく多く配布し、多くの人の目に触れるほうが効果があります。何百枚、何千枚と配布すればその分、新規顧客が増える可能性も膨らみます。

DMは自分で作成することも可能です。パソコンとプリンターを使って印字すれば簡単にできます。
しかし、インク等のコストや準備時間を考えると、印刷会社やデザイン会社に依頼する方法も有効です。

初めてdmの印刷を依頼する人は、どんな構成にするか悩む事も多いと思います。印刷会社やデザイン会社には、あらかじめデザインサンプルが用意されていますから、自分の好みの物を選んだり、既製のデザインを少しアレンジする方法で進めていくと簡単にできます。

手軽なDM制作の印刷技術

オンデマンド印刷で開封率が向上

DMの印刷はこれまで大量印刷が当たり前でした。少部数の印刷でもコストがほぼ変わらないことから、必要以上に製作し、不要となった分は処分する考え方がありました。しかし印刷技術の向上によって少部数を低料金で頼めるようになりました。

オンデマンド印刷では次のことができるため、パーソナルなDM製作が実現します。

  • 少量から注文できる
  • 一枚ずつ違う内容にできる

不特定多数へ送るDMは、よほど興味を引かれる内容でない限りは開封すらされずに捨てられることもあります。

送り先の相手の趣味趣向に合わせた内容であれば、開封される確率は上がります。印刷技術の向上により開封率の向上が可能になりました。

他にも紙や加工に凝ったものなど多くのパターンで印刷できるので、興味を引くDMを印刷できます。

ひと目でDMとわかる企業であれば受取人も安心できるとともに、大まかな内容を連想することができて直ぐにゴミ箱に行くということも考えられます。安心感を与えるデザインもよいですが、DMとしては中身を読んでもらう必要があります。

そのため逆にダイレクトメールを受け取った際に、どこの企業かひと目でわからないデザインの場合には、中を読む人が多いですし、三つ折りタイプのハガキであれば中を開く人が多いです。そしてパッと見てその段階でどんな内容のダイレクトメールが理解できれば捨ててしまう人もいれば、いつもと違う内容に興味を覚えて読みはじめる人もいます。このようにいつもと違うパターンであれば、またひと目で何かわからないダイレクトメールであれば読んでしまう人が多いです。

そのようなデザインができているDMは反応がよいです。受取人が軽くでも読み始めてくれたことがデザイン性でおこなえることで、あとはその文章が興味を引くもので、読み続けたいと思わせるような内容であることが必要なだけです。

DMが有効に働くためにはデザインと内容といくつかのパーツに分けて考えることができます。

効果的なDMには送付リストが重要

効果的なDMを送付するには、受取人に合った情報を提供しなければ意味がありません。紙代・印刷代・封筒代・郵送料などが無駄になります。では、送付先の状況に合った広告・宣伝を行うには、どうすればよいのでしょうか?

一番簡単なのは、名簿販売業者から個人情報が記載されている名簿を購入する方法です。

最近では、幼児の有無・未就学児・小学生・中学生等の未成年者の個人情報が、少子化の影響で、高値で売買されています。

子供の場合は児童向けの書籍・学習教材から通信教育、小学校入学直前のランドセル・学習机・筆記用具等、

高校受験・大学受験に備えた学習教材・学習塾・通信教育等、

成人式前には、晴れ着の広告等をタイムリーに送付する事が出来、長期に渡って、ピンポイントの販売促進が出来ます。

他方で、預貯金を貯めている高齢者向けには、株・国債・先物取引・不動産投資等、金融資産の活用に関わる「DM」が効果的です。

名簿取扱い業者には、様々なジャンルに仕分けされた個人情報の名簿が存在するので、売り込みたい商品毎にターゲットを選択する事が可能です。

例えば、セレブな家庭には、高級車・宝石や高級時計等の装飾品、高価なブランド品の広告チラシを送付するなど、効果の高いダイレクトメールを送るのが重要です。

おすすめ:DM発送代行業者を利用する10の手順

最安値保証!日本一安いDM発送代行サービス!翌日発送可!印刷・印字・郵便料金コミコミ!

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから

DMのプロに相談してみませんか?

格安DM発送代行「DM診断」では、常に業界最安価格で提供しています。
DM発送に関するお問い合わせはいつでも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。